一人ひとりの患者様に安心をお約束します

院内感染対策:安心をお約束

当院は、患者様に安心して治療を受けていただくために、徹底した衛生管理を行っています。

近年、問題になっている治療器具の使い回しなど、対策が十分でないことがニュースになっていますが、当院では、以下のように院内感染対策を施すとともに、滅菌消毒だけではない「清潔感」も大切にしています

オートクレーブ

オートクレーブ:高温・高圧の飽和水蒸気による完全滅菌

歯を削る際に使用する、タービン・エンジン・コントラ等の器具(ハンドピース)を始めとする治療器具を、高温・高圧の飽和水蒸気による完全滅菌を可能にする機械です。

当院ではハンドピースの本数も相当数を用意してありますので、患者様が集中する時間帯でも使用後はすべてオートクレーブで完全滅菌処理を行うことが可能です。

使用済みの器具を消毒液で拭くだけというような使い回しは当院では起こりません。

リーマーも常に最高のコンディション

最高のコンディションのリーマー

根管治療(神経を除去した後や、根尖病巣の治療で行う、根の掃除・消毒)に使用するリーマーという器具。

これも使用後はすべてオートクレーブで完全滅菌処理をおこないますが、リーマーは針のように細い器具なので高温・高圧の滅菌を繰り返すと強度が弱くなり、根の治療中に折れて根管内から外せなくなり後から問題を引き起こすこともあります。

そうしたリスクを回避するために、当院ではリーマーは数回使用したら廃棄して新品と交換しています。

ダイヤモンド バーも完全滅菌

完全滅菌されたダイヤモンド バー

ダイヤモンド・バーとは、歯を削るときにタービンの先端に取り付けて使用するドリルです。

これも直接患者様の歯に触れる部分ですが、使用後は超音波洗浄機にかけて洗浄した後、オートクレーブに入れて高温・高圧滅菌を行います。

滅菌パウチバッグ

菌パウチバッグ

オートクレーブで滅菌処理した後の器材・器具はすぐに個別パックして保管します。治療を開始するときに患者様の目の前でパックを開封しますので、これで万全です。

歯ブラシは一人に1本

一人に1本の歯ブラシ

歯科衛生士がブラッシング指導をする際に使用する歯ブラシにも気遣いが必要と思います。

歯ブラシも滅菌消毒すれば理論上は問題ありませんが、他人の歯を磨いた歯ブラシで指導されるのは気分的に良くありませんね。

当院ではブラッシング指導に使用する歯ブラシはその場で開封し、治療後にその歯ブラシは患者様にプレゼントしています。